伊勢の「神宮会館」で見つけた面白いもの。

先日、伊勢神宮の施設「神宮会館」に宿泊した折に、とても面白いものを見つけました。上の写真です。いわゆる「蘇民将来」のお札が正面玄関ドア―の真上にかざられていました。

これは「将来に蘇る子孫の家」と書かれたお札で、起源が古代ユダヤ教の「過ぎ越しの祭り」といわれてます。

この祭りの起源は、イスラエルの民である目印として家の出入口に羊の血を塗りエジプトを襲う死の疫病の災いをやり過ごした事から来ています。

古くから日本の神道と古代ユダヤ教の同起源説があります。イスラエルのモサド機関も「失われたユダヤ10支族」と日本人の関連調査を行っているようです。下の写真は神宮会館から内宮へと通ずる参道にある灯籠です。なぜか、台座にはダビデの星五芒星が、そしてその上の灯籠の屋根部分には16花弁の菊の御紋がみえます。