透明な水のフリーク

小生は、子供のころから透明な水に特別の気持ちを抱いてました。この憧れは程度の差こそあれ、誰にも共通してるとおもいます。小学生の遠足でバスの車窓から渓谷の透明な水が見えると、水が視界から消えるまで、名残を惜しむように窓ガラスに顔を押しつけ、見続けてました。「南太平洋」というタイトルの映画で見た透明の海の綺麗さに、思わず、涙を流してました。昭和36年頃は、世界一の透明度の湖は摩周湖、2位はバイカル湖、そして3位が本栖湖でした。そこで、中2年のとき本栖湖にキャンプにゆきました、岸辺を離れ、沖へ泳ぐといつまでも水底がはっきりと見えます。50M以上の水深でも底がはっきりと見え、そのうちに、高所恐怖ににた恐怖に襲われました。それほど、きれいでした。その20年後、昭和57年に、ふたたび子供をつれ本栖湖に行った時は、ショックでした。透明度2M程度!かなしくなりました。 今年の遅れた夏休みで、小笠原に行きました。ここの海は、期待にたがわず素晴らし透明度でした。この透明な水をいつまでも残したい。本栖湖のようにしてはいけないと強く思いました。透明な水を守るNPO法人のような動きを始めたい。そんな思いにさせる場所でした。 2週間ほどの観光滞在でしたので詳しく調べられませんでしたが、この島は海洋性火山島で、豊富な鉱物資源にも恵まれているようです。容易に観光客の近つける島の西側だけでしたが、かなり良質の湧水の出ている場所もありました。天水利用という割には水道水が良好なのは土中に鉱物が豊富なためでしょうか。地下水利用はあまり進んでないようですが人口、観光客の増加に伴い水源を地下に求める開発が進んでも良好な水資源が期待できそうです。 下の写真は、兄島の水中公園で撮影したものです。台風の雨上がり後2日目のためか地元の人は白濁しているとおっしゃてましたが、それでもこれほどの透明度です。それと小生のカメラを持つ手に、小さな魚がじゃれ付いてくるのには驚きました。手を動かしても遊んでほしいとでもいうようにまつわり付いてくるのです。これは、初体験でした。この魚のDNAに人への恐怖が織り込まれていないのでしょう。まさに桃源郷です。