水改質技術の簡単な見分け方

       3年8か月後も変質しない、ザ・バイオウォーター処理水  左はBW装置直前のバルブより採水のBW未処理水、右は装置直後採水のBW処理水。 沖永良部島フローラルホテル(知名町町営、元国民宿舎)にスケール防止対策として九電工が「ザ・バイオウォーターΩ」を平成19年に取り付け。その際、九電工が装置前後で採水。 弊社に送られてたときは、右の写真のように、処理水、未処理水ともに透明な状態でした。その後の1年半経過してから上の写真のように、未処理の水は濁り始め差が顕著に出めました。ほぼ4年が経過した現在でもザ・バイオウォーター処理水は変質することなく、採水直後の透明な状態のままで保存(常温)されています。弊社においでになればいつでもご覧いただけます。  昨今、市場には多種多様な水改質の装置が出回りみな同じような効果を謳っている。一般の消費者の方々には、「一体、どこがどう違うのか良くわからない」というのが実情だと思います。 同じような効果が謳われていても、そこで起きている事態は全く異なっています。何を見ればその違いが明確に判るのか?簡単に判別できる方法があります。 結論を先に言います。装置で処理された水の効果持続時間を確認すると違いが分かります。 具体例を申し上げます。(1)滝の水は滝壺の中にあるときは洗濯ものがきれいになったり、ご飯がおいしく炊けたりするが、下流になると全く効果がなくなる。(2)雪解け水は種子の発芽が良いが数日たつとその効果がなくなる(3)磁石の装置で処理された水は87時間で効果がなくなるetc. 17年ほど前になりますが、ある化粧品の会社の研究員が話していました「滝ツボの原理を利用したプラントを億単位の投資で作り、化粧水を売り出したがユーザーに届くころには当初の効果は消えてしまい大失敗でした」 上記のように処理された水が元に戻ることを「水の記憶」と呼んだり、水には「恒常性」があると表現されたりします。「恒常性」(ホメオスタシス)は生命現象に見られる特徴で、J.ラブロックの有名な「ガイヤ仮説」(地球は生命体である)の論拠は、この「ホメオスタシス」にあります。水にこのホメオスタシスの現象が確認できることは、「地球型の生命の発生と水の発生は同時である」という説と考え合わせ、非常に興味深いところです。 いずれにせよ、水の本来有するホメオスタシスの力で、効果がなくなるのなら、その処理法とは、水が本来有する力を高めているのでなく、水に内在する力に対し「外の力」を加えている。ということになります。ですから効果持続時間が短い水改質の方法は、水にとって異質な「外からの力」によるものなのです。 弊社のザ・バイオウォーターで処理された水は冒頭にあるように4年たっても効果の持続が確認できます。ここで働く作用の意味を考察すれば、水の本来有している内在的な力・「ホメオスタシス」の力を高めている、つまり、水の持つ生命力を高めているといえると思います。 つまり、水の本来有する内在的な力を高めているのか、あるいは外的な力を加えて水分子に何らかの影響を与えているのか、この違いは、改質された水の持続力を観察すると明確にわかるのです。

伊勢の「神宮会館」で見つけた面白いもの。

先日、伊勢神宮の施設「神宮会館」に宿泊した折に、とても面白いものを見つけました。上の写真です。いわゆる「蘇民将来」のお札が正面玄関ドア―の真上にかざられていました。 これは「将来に蘇る子孫の家」と書かれたお札で、起源が古代ユダヤ教の「過ぎ越しの祭り」といわれてます。 この祭りの起源は、イスラエルの民である目印として家の出入口に羊の血を塗りエジプトを襲う死の疫病の災いをやり過ごした事から来ています。 古くから日本の神道と古代ユダヤ教の同起源説があります。イスラエルのモサド機関も「失われたユダヤ10支族」と日本人の関連調査を行っているようです。下の写真は神宮会館から内宮へと通ずる参道にある灯籠です。なぜか、台座にはダビデの星五芒星が、そしてその上の灯籠の屋根部分には16花弁の菊の御紋がみえます。

「改めて自覚する日本人の特質」の続き

国歌「君が代」の「さざれいし」を始めてみた時は、感動で涙でした。 それは、30年まえ四国の琴平神社に参拝の時でした、拝殿の右の庭にすみにありました。このとき、身震いの感動とともに、いきなり、パッと日本人の民族としてのあり方のが了解できました。(右写真は鹿島神宮のさざれいしです) これは細かな石が集まり、その姿のままに固まり一つの岩となっているのです。米粒が集まりオムスビびとなってるような状態です。これを見ると言葉による説明は無くとも、コンセプトが直感できました。 多種多様な民族がこの国土に集まり、生活するうちに、それぞれの特質をそのままに残し互いに共存してしっかりと固まり、日本人と呼ばれる一つの民族になってきている。 山でも海でもあらゆる種、命の多様性の共存しているのが、日本の風土のひとつの特質ですが、この特質が人間という生物のあり方の中にも出ているという事を、この「さざれいし(細石)」が「いわお」となってる姿で象徴的に見せてくれているということなのです。

「ヨコハマnow」5月10日号の「ヨコハマこの人」の記事紹介

「ヨコハマnow」の5月10日号の記事は下記のURLでご覧いただけます。 横浜商工会議所の「100年企業顕彰」をきっかけに取材を受けたもので 社歴、小生の経歴、今後の展開等の内容が手際よくまとめていただいております。 http://yokohama-now.jp/home/?p=4719