水改質システム【BW水改質装置(ザ・バイオウォーター)】給水管赤錆対策 スケール対策 改質水

BW水改質装置(ザ・バイオウォーター)®は、
「人工の鉱物結晶」の働きによって
水を改質します。

ティーケイケイエボリューション株式会社では、水環境を根本から変えるための新しい技術として、水道水を山の石清水のような水に改質する「BW水改質装置(ザ・バイオウォーター)」を開発しました。
この装置は、水道管に設置するだけで水道水が石清水のように物性変化するため、ただ水を普通に使っているだけで赤錆・赤水・スケール対策になるうえに、錆の進行を防止する黒錆を形成する効果もあります。
(日本水道協会JWWA認証登録番号 Z-92)

水道水をより安全に
パワーアップ!

水のホメオスタシスの力※(自己修復能力)を約2倍に高め、水道水中の塩素消毒剤を包摂し、消毒能力を保ったまま無害化します。

人体への影響に配慮した
ハイブリッドセラミック

従来のボール状セラミックと違い、珪酸塩アルミナの非定形結晶の微粉末を生じないので、体内への影響の心配がありません。

「BW水改質装置(ザ・バイオウォーター)」は「人工の鉱物結晶」の働きによって水を改質します

大自然のメカニズムを
水道水で再現

ハイブリッドセラミックが外部エネルギーを水の振動と共鳴する振動に変換します。

内外の環境の変化にも関わらず、生体の状態を一定に保とうとする機能。
生じた変化を元に戻そうとする働き。
新着情報 バックナンバー
「BW水改質装置(ザ・バイオウォーター)」の広がり
国土交通省新技術情報提供システム(NETIS) カタらボ マンガでわかる!BW水改質装置(ザ・バイオウォーター) Quality Water 日経CNBC「時代のニューウェーブ」に弊社が取り上げられましたザ・バイオウォーターフェイスブックページ 社長のブログ THE BIOWATER BLOG 賢者TVに出演しています ザ・バイオウォーターYoutubeチャンネル

配管マグネタイト工法(酸化被膜工法)について

水中で錆びない鉄はありません。鉄が急激に酸化すれば赤錆ができますし、ゆっくり酸化すれば黒錆ができます。赤錆は多孔質のため、中に水が染み込んでどんどん腐食が進行します。一方、黒錆は組織が緻密なため、水が染み込むこともなく安定した被膜となって管を保護します。
配管マグネタイト工法(酸化被膜工法)」とは、この黒錆の酸化被膜を管内に作る工法です

ザ・バイオウォーターを取り付けると、給水管には黒錆ができます。すでに赤錆で孔蝕が始まっている給水管でも、赤錆が黒錆に変化し、孔蝕も自然に修復されていきます。
それは、ザ・バイオウォーターで改質された水が、錆の原因となる酸素や塩素化合物を包み込んでしまうからです。

配管マグネタイト工法(酸化被膜工法)のメカニズムはこちら>>  競合製品比較表はこちら>>  納入先事例はこちら>>

配管マグネタイト工法(酸化被膜工法)の詳しい情報はこちら>>

※酸化被膜工法は、配管マグネタイト工法に名称変更しました。

ティーケイケイエボリューション株式会社